賃貸マンション退去時のトラブルを回避するチェックポイントを解説

>

家賃の二重支払いを防ぐために、借主ができること

退去通知のタイミングは、契約書で確認!

引越しを決めたら、新居への入居手続きと今住んでいる部屋の退去手続きを同時におこなう必要が出てきます。
新居の家賃支払い期間と、今住んでいる部屋の家賃支払い期間が重ならないように手続きを進めなければ、新居と旧居との家賃を一緒に払わなければならず、もったいない事態を招いてしまいます。
退去の日取りをしっかりと確認して新居への入居日を考えることが大切です。
今住んでいる部屋の退去手続きの第一歩となるのが退去通知、管理会社へ賃貸マンションの解約を申し出る手続きです。

ほとんどの賃貸契約では「退去の1ヶ月前まで」、まれに「退去の2ヶ月前まで」「3ヶ月前まで」といった解約予告期間が設定されているようです。
入居時にもらっている「賃貸借契約書」に書かれている内容なので、退去を決めた場合は、連絡前に必ず読んで確認しましょう。

退去する月の家賃の清算方法を確認しよう!

退去通知の期間を確認すると同時に、退去する月の家賃の清算方法を確認することも重要です。
賃貸契約が終了する月の家賃が月割りであるか、日割りであるかを確認します。

日割りである場合、家賃が発生するのは退去する日までですので、退去後に家賃の心配をする必要はありません。
しかし、月割りである場合、月の途中で引越しをしたとしても、月末までは家賃がかかることになっていまいます。
月割りの場合は、引越しを月末におこなえるように新居への入居日を調整しておくことが必要になってきます。
また、申し込みから入居可能日までの期間が長い物件を探したり、新しい大家さんとの話し合いをしたりすることで調整が可能です。

早め早めの確認と日程調整が、二重家賃を防ぐためには大切なのです。


この記事をシェアする